auひかりとは

auひかり メリットデメリット

auひかりメリットデメリット

 

auひかりは

auひかりとは、KDDI独自の光ファイバー回線を利用した、auのインターネット回線サービスです。

お客様満足度も、今まで首位の常連だったNTT(フレッツ光等)を抜いて1位になりました。

通常、フレッツ光など光インターネットを接続するには、光回線の利用に「回線料」と「プロバイダ料」が必要になります。

それに比べ、auひかりはプロバイダ料込みの料金です。

auひかりのメリットです。

 

さらに、フレッツ光や光コラボレーションと比べ、キャッシュバック額が多いのが特徴です。

 

auひかり ホーム|上り下り最大1Gbpsの高速インターネット

 

1Gb

 

IPv6対応|今後のインターネット接続も安心!

IPv6

IPv6とは

IPv4の次世代規格。従来のIPv4では、コンピューターなどに割り当てられるIPアドレスは32ビットで管理されていたが、スマートホンや情報家電などが普及するにつれ、アドレス資源の枯渇が指摘されていた。これに備えるため、128ビット表記でアドレス管理をすることで、実質上無限ともいえるアドレスの割り当てが可能になりました。

 

簡単に言い換えると、インターネットに接続できる機器(パソコンやスマートフォン、家電等)が多くなり、その接続する機器を特定するためのインターネット上の住所(IPアドレス)がたりなくなったために対応できる規格のことです。

 

auひかりのメリット

 

メリット1

auひかり代理店サイトから申し込みすると、キャッシュバック額が多い

→auひかり代理店では、高額なキャッシュバックキャンペーンを行っているところが多いです。
例えば、ネットのみの申し込みだけで、キャッシュバック43,000円あり、しかも最短1ヶ月後には指定の口座へ振り込みされる優良代理店もあります。→キャッシュバック還元率100%の実績:申込サイト-auひかり【NNコミュニケーションズ】 がおすすめです。

auひかり代理店は、KDDIが光回線のシェアを増やすため様々なキャンペーンを展開しています。

その一つとして、代理店への手数料も多くしています。

その結果、代理店独自のキャンペーンでも、高額キャッシュバックができるのです。

今がチャンスです。

 

メリット2

auひかりホーム1ギガは実測速度調査で、速さNo.1でサクサク。
(2018年5月時点Netflix社のISP各社ストーリミング速度測定にて、auひかりが国内No.1。速度はご利用条件によって異なります。)

→ネットでの口コミサイトでの評判は、多くの人がフレッツ光と比べ、auひかりの方が実測速度が速いという声が多くありました。
その理由の一つとして、フレッツ光は多くの加入者がおり、多くの人で回線を共有しているため、回線が混雑し速度が遅くなるのです。

一方で、auひかり回線はまだまだ回線に余裕があります。

同じ、回線を共有しても混雑して回線が遅くなるという心配がありません。

そのため、フレッツ光回線に比べてauひかり回線の方が、早いと言われる理由の一つです。

 

メリット3

auひかりは、プロバイダ料金込みで分かりやすい料金設定。
(@nifty、@T COM(アットティーコム)、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-net)

→auひかりはプロバイダと光回線がセットになっています。

フレッツ光は、光回線とプロバイダが別々になるため、支払いが別々に請求されます。

しかも、料金請求窓口も別々になりますので、合計の支払い金額が分かり辛いということがことがあります。

auひかりは、ほかの光回線と比べて、窓口がKDDIの一つになるため手続きが簡単で楽です。

それに比べ、auひかりは、わかりやすい料金設定に加えて、料金の安さもメリットもあります。

auひかりのプランには、「auひかりギガ得プラン」と「auひかりずっとギガ得プラン」があり、2年、3年と契約期間に縛りがありますが、その分月額利用が安くなるプランです。

契約期間 1年目料金 2年目料金 3年目料金
auひかりギガ得 2年契約 5,200円 5,200円 5,200円
auひかりずっとギガ得 3年契約 4,700円 4,700円 4,700円

 

メリット4

auスマホがセットで安くなる。さらに家族のauスマホがセットで安くなる「auスマートバリュー」が適用になります。

→auひかりを申し込むと、家族がauスマホを使っていれば、その家族の分も「auスマートバリュー」が適用され、1台あたり最大2年間、毎月月額最大2000円割引となります。
家族4人だと、8,000円も割引になります。(年間96,000円の割引)
(ただし、auスマートバリューを適用するためには、auひかり電話を申し込む必要あります)

現在、auスマホを持っている人でも、auスマートバリューが適用されます。

 

auひかりのデメリット

 

デメリット1

フレッツ光に比べ申込みエリアが狭いのがデメリットです。

フレッツ光は全国90%以上のカバー率ですが、auひかりは全国70%のカバー率です。

auひかりは全国約70%(現在エリア拡大中)

auひかりの提供されていないエリアは以下です。

関西エリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県
中部エリア・その他
岐阜県、愛知県、静岡県 三重県、沖縄県

エリア検索は公式サイトのエリア検索で確認できます。

 

デメリット2

プロバイダが限定されるが、プロバイダー料金が込みである。フレッツ光はプロバイダ料が別途発生
au one net、So-net、BIGLOBE、@nifty、@TCOM、ASAHINET、DTI

 

オススメ代理店

【auひかり代理店 NNコミュニケーションズ】
auひかりNNコミュニケーションズ
KDDIから連続で優良代理店の表彰を受けているので安心できる代理店です。 還元率100%を達成しているのは、申込者全員が特典を受け取れているということです。 (1)当社NNコミュニケーション、(2)プロバイダ、(3)KDDI公式のなどのキャンペーンがすべていただけます。
【キャンペーン情報】
  1. 最大52,000円のキャッシュバック(ネット+電話)がもらえる
  2. 余計なオプションをつけなくても、最大45,000円のキャッシュバック(ネットのみ)がもらえる
  3. 最短1ヶ月後には、指定の口座へ現金をお振込み
 

-auひかりとは

Copyright© auひかりキャンペーンを比較!安心できる代理店はここだ! , 2020 All Rights Reserved.